専門学校に通って目指す|食のプロであるフードコーディネーターになるための条件

食のプロであるフードコーディネーターになるための条件

男女

専門学校に通って目指す

ウーマン

すぐに勉強に入れる

町のケーキ屋さんといえば昔から小さい女の子たちの憧れの職業です。ただ、どちらかと言えば地域密着型の小規模な個人の経営の店舗というのが一般的でした。しかし、パティシエの登場によってその世界観は一変し、いまでは一獲千金も可能な夢のある仕事で、最近では性別に関係なく志望者がいます。パティシエになるには一流の洋菓子店に弟子入りをし、そこで働きながら修行を積むのが当たり前でした。第一線で活躍する現役のパティシエのなかには海外の店舗で修業をした人もいるくらいです。しかし、この頃は専門学校に通って勉強をしながらパティシエを目指すのがトレンドです。雑用などの下積みの時期をスキップしてすぐにお菓子作りの勉強に入れるだけに、基礎が身に付くまでのスピードは圧倒的です。

気持ちを前面に出す

ただ、専門学校で学んだ知識や技術は基礎的な部分であり、現場に出てからその土台の上にどれだけスキルを上積みしていけるかがポイントです。卒業はあくまで通過点で、本当の勝負はその後に待ち受けています。専門学校ごとに就職のしやすさやサポートのシステムが微妙に異なりますから、事前に調べて後々で後悔しないよう対策を講じるべきです。ホームページを閲覧するのもいいですが、真剣にパティシエを志しているのなら体験入学に足を運ぶくらいの積極性は欲しいです。実際に行くとカリキュラムはもちろん、どんな設備が整っているのかも分かりますし、生徒たちの意識の高さなどもビンビン伝わってきます。一人前のパティシエになりたいのなら専門学校に入る前の段階からその気持ちを前面に出して勝負に行くくらいの覚悟が必要です。