食のプロであるフードコーディネーターになるための条件

レディ

食に関係する仕事

メンズ

資格認定制度があります

フードコーディネーターをしていくうえで、この資格を持っていなければ仕事ができないというものはありません。ですがきちんと認定された資格を持つことは、一定のレベルに達していることを証明する手段にもなります。日本にはフードコーディネーターの協会が設立されています。この協会はフードコーディネーターという職業の社会的な認知の促進や、地位の向上を目指すとともに公正な資格認定を制度化することを、設立の趣旨にしています。この協会は日本フードコーディネーター・ライセンスの認定試験を実施しています。このライセンスは一級から三級までの三段階に分かれていて、現在行われているのは二級と三級です。このほかにもフードコーディネーターに必要になってくる知識と実力を補足する、既存の資格がいくつかあります。

既存の資格を持つ

現在活躍しているフードコーディネーターの中には、栄養士や管理栄養士の国家資格を持っている人が多くいます。フードコーディネーターの分野においては、食品や栄養、健康、調理などを本格的に学んだことの証になり、その知識と実力を証明してくれます。管理栄養士は栄養士の一つ上の資格で、4年生の大学で栄養の専門課程を卒業した人や、栄養士として2年以上の実務経験を経た人に国家試験の受験資格が与えられます。フードコーディネーターには調理師の国家資格を持っている人もいます。調理師免許は養成機関で所定の調理のコースを修了する方法や、調理師免許の試験を受ける方法があります。フードコーディネーターとして活躍するためには、免許よりも実力が大切です。調理を中心にして職を学びたいのなら、調理師養成学校で学ぶ方法が現実的になります。

お菓子の道に進むために

スイーツ

社会人がお菓子の道へ入る方法の一つは、製菓の専門学校に入学して実践的な内容の学びをすることです。学費はまとまった費用がかかり学校によって金額は異なりますが、専門家になるために必要な費用と考えて準備をしましょう。

もっと読む

自分の店を開くためには

コーヒー

カフェを開業するためには、沢山のカフェを巡って参考にしたり、専門学校に通うようにしましょう。沢山の知識を得る事ができるからです。カフェ開業の際には、個性の出しすぎに用心が必要です。一般受けしないと、来客が見込めない事があるからです。

もっと読む

専門学校に通って目指す

ウーマン

お菓子を作るパティシエは女の子の憧れの職業でしたが、現在では、性別に関係なく目指す人が増えているのです。パティシエを目指すのであれば、有名な洋菓子店へ弟子入りするのが一般的ですが、専門学校に通ってスキルを身に付ける方法もあります。専門学校へ通う際には、事前に調べておくことが大切です。

もっと読む